星読み・数読み・ジブン読み

心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

ジブンの前提に注目する

誰でも「ジブンが勝手に思いこんでいる考え=前提」というものがあります。

 

私の場合

「人に弱音を吐くのはいけないこと」

「いつもきちんと生活しないと後ろ指さされる人間になるんだ」

「いつも冷静に物事を把握しなくちゃいけない。感情的になったらダメ」

「私は一番大切にはされない人間なんだ」

などと・・相当かわいくない勝手な思い込み持っています。

 

大体は、記憶にない位の幼少の頃の経験からの刷り込みですが

その当時は「それが私を守ってくれた考え」でした。

 

でも大人になって私を取り巻くものが変わったとしても「前提」はそのまま

心の奥底潜在意識にしまわれ隙あらば表面に出て、それを見せ付けるような現実を展開します。

 

 

私の場合3年くらい前からドラゴンヘッド・テイルのラインに空の冥王星が強く影響を投げかけていました。

ドラゴンヘッド・テイルの意味するものは潜在意識レベルでの深い意識に関わるテーマです。

今の私にとってもういらなくなった「前提」を拾い上げ、今の自分に相応しい前提に変換していくということにトコトン向き合わされた3年間でした。

 

(正直いうと・・・必要な学びなのであっても楽しいものではありませんよね。キツイですもん)

 

けれど、意地悪をする星の動きは存在しないと考えています。

「今はチョットきついけど、ここを越えたら宇宙からのギフトがあるからね」とホロスコープが道先案内をしてくれていると捉えます。

 

「信頼できる人に弱みをみせたっていい」

「周囲に感情を素直に表現する」

「抜けたところがあったっていいじゃない」

「自分自身を大切にサポートしていくこと」・・・

時間かかりましたがリニューアルです。

 

 

私にとっての新しい前提(リニューアル版)を築いていくのが今月末までの大仕事です。冥王星の影響が抜け、木星蠍座に入る10月10日からどんな一年になるんでしょう。

宇宙からのギフトは結構想定外のところから表れるような予感がします。