星読み・数読み・ジブン読み

晏藤滉子(アンドウ ヒロコ)です。心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

分からないという美学

   

 

こんにちは、晏藤滉子です。

本日で連続投稿2055回目のブログとなりました(^^♪。

 

私は日頃、公私ともに気をつけていることがあります。

それは「分かったつもり」にならないこと。自分への戒めでもあります。

 

「分かったつもり」って油断していると直ぐに入り込んでくるものです。仕事、学び、人間関係など、始めの頃は新鮮で対象の事を知りたくてしかたない。でもそんな適度な緊張感はそう長続きしないものです。慣れてくると気持ちも緩み、つい分かったつもりで慢心しがちになってしまう。まして自分が経験したことならば上から目線になることも。そもそも同じ経験なんてあり得ない、その人なりの環境や時代性だってあるのだから・・・パワハラなんてのも分かったつもりの上司の暴走です。

 

親子関係においても「分かったつもり」は暴走しがちです。

親だから子の事を分かっているとは勝手な思い込み。そのように豪語している親ほど子供の気持ちすら理解しようとは思わないものです。同様に学びや、友人関係でも「分かったつもり」は慢心を誘うものです。

 

以前仕事関係で先輩から言われた言葉が印象的でした。その頃の私はクライアントのデータを用意周到に調べ上げセッションに臨んでいました。まだまだ駆け出しだったので自信の無さを「事前予習」で埋めようとしていたのでしょう。でもその先輩は「前もって調べることは殆どしない。この人はこういう人という先入観は一番邪魔だから」と・・・。それを聞いた時メチャクチャ感動したこと覚えています。鑑定による「その人」と実際の「その人」は同一ではない、そう思い込んで対応すれば占術師の傲慢になっていしまうと気づいたから。

 

そう言えば占星術の師匠も聞き取りの大切さを説く方でした。実際のセッションを見学したことありますがクライアントの意識を引き出す素晴らしいものでした。きっと分かったつもりに陥っていたら微妙な上下関係が出来ていたことでしょう。

 

「分かったつもり」に陥るとどんな分野でも成長はストップしてしまいます。それは年齢経験に問わず確実に・・・。それを避けたいならば「分からない」を素直に受け入れることです。分からないことで空白を生み、そこに新しいもの吸収していく。「分かったつもり」に陥らなければ、その空白は決して埋まることはありません。生涯「分からない」で良いのです。学びも人間関係もこれで終わり(分かったつもり)なんてないのだから。

 

「分からない」はいつまでも成長拡大を続けます。人間の好奇心や向上心は限りないものだから。だからこそ「分からない美学」こそ豊かさの根源なのかもしれません。

 

分かったつもりは縮小を生み

分からないは結果的に拡大する

 

分からないという謙虚さは幾つになっても大切なことだと思うのです。

 

今日も読んで下さってありがとうございます。 それではまた(^^)/

 

 

日々の星読み活動のメニューはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

シンバルが警告を鳴らす夜

お題「苦手な皮膚感覚はありますか?」

    

 

こんにちは、晏藤滉子です。

本日で連続投稿2054回目のブログとなりました(^^♪

今日は極々個人的な呟きですので悪しからずです。

 

私は子供の頃からですが、寝入りばなのタイミングで後頭部あたりに大きな音を感じることが度々ありました。ガラスが割れるような音、シンバルが打ち鳴らされるような音、爆発音みたいなものですね。驚いて我に返るのですが、周囲を見回しても異変はなし。「あ・・・またか」で眠りに入るパターンです。

 

痛くも痒くもなく、毎日という訳でもない。

正直、皆もそうなんだと思い込んでいました。よく寝入る直前にぴくっと身体が反応するような・・・そんな感じで。

 

大人になってもその反応は変わることなく・・・思い出したようにシンバルを脳内で鳴らしていました。ある時友人にその話を何気にしたところ「そんなことある訳ないじゃない!」と驚かれ心配される始末。「いや、そんな大事じゃないから」と言いつつも症状をググってみるとそれらしき病名?がありました。「頭内爆発音症候群」そのまんまの病名で私の方が驚いてしまう。原因不明の睡眠障害のようですね。病院で診断を受けた訳ではありませんが多分そうなんでしょう。導眠剤の服用くらいで特別な治療法もなく、苦痛があるとしたら睡眠が妨げられてしまうくらい。

 

常にシンバルが鳴らされて眠れないとなるまでは、放置することでしょう。もう何十年も放置してきたしね。病気というよりも私の特質みたいなもの、大騒ぎする必要もないでしょう。

 

でもね、面白いなと思ったのは・・・ずっと皆と共有している事だと思い込んでいたから。車内でうたた寝している人がビクッとしている姿をたまたま見かけると「あ、今鳴ったんだね」と密かに共感していたのだから。私の勝手な思い込みですよねーww

 

実際子供の頃より今の方がシンバル登場は頻繁かもしれません。よくよく考えてみると忙しくて睡眠が不規則になったりストレス過多になると高確率でジャーンと鳴らしてくれることに気づきました。

 

おそらくシンバルの音は私への「ご注意」なのでしょうね。

誰が鳴らしているのかは不明・・・そこを考え過ぎるとそれこそ不眠になってしまいますからね('◇')ゞ

 

今日も読んで下さってありがとうございます。 それではまた。

 

 

日々の星読み活動のメニューはこちらから