星読み・数読み・ジブン読み

心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

射手座の折り返しで短期集中特訓

射手座シーズンの折り返し、というか明日には後半戦に。

 

どのサインにおいても真ん中あたりの度数(時期)は

「そのサインらしからぬ異質な側面」を取り込もうとする傾向があります。

そんな「異質なもの」を取り込む時期がこの5日間ほど続いていました。

 

何か空気感が変わった感じありましたか?

 

はっきり言語化できないような感覚的な微細な変化からはっきりした事象の変化まで現れ方は人それぞれです。

 

とは言っても、空からのエネルギーが注いでいることは皆同じ。

受け取り方は正解はなく、これまた人それぞれです。

 

 

射手座のシーズンでは、

 

「どんな自分でありたいか」

「こんな処に居場所を創りたい」

「こんな人たちに囲まれて生きていきたい」

「もっと上に行きたい!」

 

公私併せて「理想」を想い廻らす、意識を外に拡げること。

思い描く理想にむけて意識のベクトルをびゅんびゅん飛ばしていきます。

 

この射手座の折り返し時期。

 

それは、足元を観るよりも「どこか遠くにいる自分」に常に意識を向けている射手座が反対の質の影響を受けることによって射手座を鍛えるような5日間。

 

射手座の真向かいの双子座の「質」を感じる物事や状況によって

射手座の質を逞しくバーションアップしていきます。

双子座による短期集中特訓のようなものです。

 

この5日間。

 

周囲とのコミュニケーションから

何気ない好奇心から

衝動的な行動から

前に一歩すすむ勇気から

 

「自分の理想」への新しいアプローチの糸口や視点の変化があった方も多いのではないでしょうか。

 

単なる妄想から具現化する妄想への移行です。

 

「本当の自分を生きたい」と願い思うことが射手座のテーマとしたら、

 

「その願いは恐れから?喜びから?」

「どうやったら理想を現実に反映させ、それを定着させることができるのか」

 

20日からの射手座土星入りに向けての助走段階に入る大事な時点なのかもしれません。