星読み・数読み・ジブン読み

心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

意識の縮小と拡大、その1

昨日は友人とランチ。

近況報告やら巷の話題やら、お喋りに花を咲かせておりました(^^ゞ

 

星の流れが表すように、お互いの周囲を含め転換期を迎えている方の多いこと。星の動きから個人や全体の流れを「検証」することはなかなか興味深いことです。

 

友人知人の中でも「新しい世界」に飛び込んだり、変化の波に乗ろうとチャレンジしている過程の人がたくさんいます。

 

その近況を聞いたりするととても嬉しく、そして私の血が騒ぐのです(いい意味でね)。

 

「私もその波に乗りたい!」と内心強く願っているのでしょうね。

意識の拡大を望んでいるタイミングなのでしょう・・・だから自分のことのように嬉しく感じます。

 

反対に意識が縮小するとは・・・意識が「守り」に入っていることです。

 

生きることにくたびれ無気力になっている場合、心やカラダは完全防御に入り

「自分を守ること」が第一優先になってきます。

そんな時潜在意識レベルでの癒しが必要になってきます。

 

キーポイントは「月星座」。

月の入っているサイン(星座)によって癒す傾向が大きく違ってきます。

 

月は感情、素の自分、潜在的なものを表します。

 

火の質のサイン牡羊座・獅子座・射手座)に月があるタイプは

自分の興味の対象に夢中になり、のめりこむことでリラックスし癒されます。

地の質のサイン(牡牛座・乙女座・山羊座)に月があるタイプは

その人にとって物質や環境など不安定な材料を取り除き安心安全な感覚を呼び覚ますことでリラックスし癒されます。

風の質のサイン(双子座・天秤座・水瓶座)に月があるタイプは

自由・好奇心・知的探究というキーワードが大好物。そこを満たすことでリラックスし癒されます。

水の質のサイン(蟹座・蠍座魚座)に月があるタイプは

愛をもった感情のつながりが何より大事。人との距離感が良好で密接だとリラックスし癒されます。

 

質の傾向と対策に沿って傷ついた心やカラダを癒していくことは

セルフメンテナンスに効果的です。

また、家族や友人が凹んだ時の付き合い方(神経を逆撫でしないためにも)使えます。

 

自分のタイプにあったリラックス法は心が落ち着き快適な状況をもたらします。回復への近道です。

 

ただ、そのリラックスゾーンが心地よくて「いつまでも居たい」状態が長く続くと宇宙から「意識の縮小」という警告(イエローカード)が発せられるのです。

 

個人の成長や進化の流れをせき止め、澱ませるといったイメージの「意識の縮小」。ある意味「変化を恐れる執着」なのかもしれません。