星読み・数読み・ジブン読み

心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

変化の波にのるコツ、その3

 

その1その2からのつづきです。

 

変化の荒波を上手くやり過ごすことが目的ではなく、

変容の先、その向こう側の自分を創造していくことが大事な目的。

 

変化の荒波って、現実に起こった出来事がきっかけになることが多いので

振り回されて挙句は人間関係、状況のせいにしがちです。

 

 

でも、先ずは自分の内側にベクトルをむけること。

 

 

この期間、自分の五感がくつろぐ状態に身を置くことがポイント。

 

 

ジタバタしないこと。

無駄に空回りしてエネルギーを漏らさないこと。

体のケア、睡眠を十分に、ガチガチになった心と体を緩めること。

楽しい、喜びの経験は時間と許す限りのお金はかけてOK。

思考は極力使わずひらめきを基に生活してみる。小さなことからでOK。

 

決して自己逃避だなどと自分を責めないでくださいね。

優先順位は自分を愛で守ること。罪悪感は封印です。

 

そうするとね・・・

不思議なほど、あなたにとって最適なタイミングで

「次の扉」が見えてきます。

 

 

シンクロニシティ(意味ある偶然)が続いたり。

インスピレーションがおりてきたり。

新しい人間関係に恵まれたり。

 

なんだか「追い風」が自分にきているような、

何かに守られているような感覚。

 

 

時間はどれだけとは断言できないけれど、

自分と向き合って内側を整えてきた密度に比例するのかもしれません。

 

 

その時は確実に来るので大丈夫ですよ。

そして、その時がきたらあなたは「これだ!」と必ず気づくことでしょう。

 

大変な時、

「神様ってイジワル」と天に向かって悪態ついていたのに

「神様はやさしい」としみじみ感じる時が訪れます。無宗教であってもね。

 

変化・変容って自分を再創造するための天の采配と感じます。

それだけの荒療治が再創造には必要だったのでしょうね。

 

 

変化の波にのるコツ、その2

 

 前回のつづきです。

yasura7165.hatenablog.com

 

変化の波にのるコツ2は

 

『変化の時期の過ごし方、何に意識を向けるのか』

 

 

変化がヒタヒタと忍び寄る気配や

突然人生がジェットコースター状態に突入して何が何やらわからない

誰が悪いの?私が悪いの?頭の中グルグル回ってる・・・

 

 

正体がわからないことは恐怖を感じるものですよね。

相当不安だし、頭のなかはカオスに。

 

 

誰かに話を聞いてもらいたい

自己啓発とかスピリチュアル系の本を読んだりセミナー参加したり

占いや見える系能力の方の鑑定受けたり

 

 

それは何かにすがりたくなってしまうから

自分が壊れてしまいそうになるから

やみくもに動きたくなる。

 

 

私自身カウンセリングや個人鑑定しているので

そういう時期に翻弄されている方はクライアントに多いのも事実です。

 

 

前回では、「一人の時間を大切にすること」とお伝えしました。

 

 

これは、自分自身と徹底的に向き合うこと。

 

 

自分の意識がどこに向いているのか

自分を卑下しているのか、

攻めているのか、

他者や環境を攻めているのか、

どんな信念をもっているのか、

どんなトラウマをもっているのか、

心の中ではどんなことを叫んでいるのか

 

 

じっと静かに深く探っていく作業がこの時期大切です。

(自分に制裁を加えずにね)

 

 混乱をなだめたり、

コントロールしようとしたり、

強がりな仮面をかぶったりしないで、

 

誰にも教えない本音の声だけ救い出していくこと。

悪魔のような私でも全然OK。

ジャッジをくわえないし

無理くりポジティブにならない。

 

 

その時ノートに書きだすことがとても効いてきます。

 

とても静かな時間の中で

押さえつけられた感情や思い込みを丁寧に昇華させていくこと。

ひたすら書き留めること。

地味なようですが結構効きます。

 

 

 

この時期に大切なことは・・「うまくこの時期をやり過ごす事」が目的ではありません。対処療法では後々問題が大きくなることも多いですから。

 

 

対処療法ではなく体質改善、免疫アップがこの時期には必要です。

それは変化の後に「あなたらしい生き方」を創造することが変容の大切な役目ですから。

 

変化変容の混乱は本当の自分に戻る、軌道修正する「産みの苦しみ」です。

そこを乗り越えるために、その先の世界で自分を創造するために

充電することが必要です。

 

変化変容は、目的地へ辿りつくまえのあくまでも「通過儀礼」のようなものです。

 

 

 

その3へ つづく・・・。