星読み・数読み・ジブン読み

心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

個人的な時読み。天秤座の満月とムーンリターン。

今日から4月。新年度の始まりですね。

 

3月は停滞・デトックスを感じられた方多かったのでは。

 

私自身も人に会ったり、仕事をしたり結構バタバタしていたのですが

その隙間を縫うように一ヶ月体調不良で悩んでいました。

 

親知らずの疼き→細菌性結膜炎→風邪で発熱

「首から上」なんですよね~。

昨日は完全にノックアウト状態でしたが何と一晩で復活!

 

あまりにも続くので、一番きつかった時(昨夜)のホロスコープから時読みをしてみました。

 

ちょうど天秤座の満月にピタッと一致。

生まれた時の月と現行の月が重なるムーンリターン。

出生の太陽×現行の木星、出生の木星×現行の太陽が

同時にピタッと重なる個人的に面白い配置。

 

 

そんな満月の夜、

今まで蓋をしていた感情が次から次へと表れてきて自己主張。

「私を忘れないで」と相当揺さぶられました。

「本当は何がしたいの?」

「本当の気持ちは?」

「それでいいの?」

と一晩中たたみ掛けられていた感じを覚えています。

聞いてきたのは「本当の自分」。

夢うつつの私はしどろもどろに答えるばかり。

 

ネガティブ祭りの一夜でした。

 

でも翌日の今、思い切り毒を吐いた為か脱力から復活へ移行しつつあります。

重いものを手放した感じ。満月ですものね。

思えば、魚座シーズンから始まったデトックス期最後の毒出しの一夜だったのかな。

 

今回のムーンリターンは強烈でしたが、

やはり星の流れに沿って自分は生きているのだと実感した次第です。

 

「グレイテストショーマン」観てきました

今日は乙女座の満月ですね。

 

春分に向けてのドラマティックな展開というよりも

「自分のコアな部分とちゃんと繋がっているかい?」

と静かに問われているような・・・

微調整的なモノゴトが起こりやすい雰囲気です。

 

会話の中での言葉だったり

映画のセリフ

生活の中で見かけるシーン

そんなサインを直感で拾いやすい時。

 

頭の中で思考を巡らせるよりも

暖かいお風呂に入ったりしてリラックスしてみてくださいね。

ずっとずっと直感を拾いやすくなりますから。

 

 

閑話休題

 

 

先日映画を久しぶりに観てきました。

「グレイテストショーマン」

話題の映画ですよね。

ミュージカル映画は正直苦手なのですが、

この映画に関しては「迫力!凄かった!」

これは絶対映画館で観ることをオススメします。

 

ミュージカルなので何曲も歌われるのですが

歌詞がどれも深く、

ストーリーに組みこまれたような「歌詞」ではなく

その歌詞のために配役があり物語が展開し踊りがある。

歌詞と演者が直結してる!

 

うーん上手く言語化できないけれど

歌詞を一字一句見逃すまい(字幕だから)と思わせるミュージカルでした。

 

どの部分に「こころの琴線」が反応するのかは観る人によってハッキリ分かれると思います。単純に「あの映画よかったね~」でひとくくりに出来ないような素敵な映画でした。

 

余談ですが映画館出た後って・・・何気に感化されてる人みませんか?

 

ブルースリー(古っ!)だと目つきがするどく敏捷な動き

ハッピーストーリーならホンワカムード

気持ちの抜け道のないラストシーンの映画だと気難しい表情

極道映画ならみるからに歩き方が違う

 

で、この映画観たあとの自分を観察してみたら

『すごーくゆっくり歩いてる』

『呼吸も深い』(決して歌ったりしなかったよ)

とってもゆったりしていました。

 

それは「わたし」が深いところで満足した映画だったのでしょうね。

春分前のこの時期に必要なフレーズがいっぱい!という感じでしたから。

 

おすすめです(^^)v