星読み・数読み・ジブン読み

晏藤滉子(アンドウ ヒロコ)です。心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

節分は宇宙大晦日と考えてみた

今週のお題「鬼」

 

      f:id:yasura7165:20200616225121j:plain



こんにちは。

 

今日は節分ですね。

この2月2日が節分というのは124年ぶりとのこと。

 

去年の12月22日「風の時代」に移行したタイミングも約240年ぶり。

特別感満載が続き過ぎと、何気に感じてしまいます。

 

さて、一般的な暦では、1月1日が元旦です。

占星術では、3月20日の「春分の日」が宇宙元旦と、占星術を学び始めた頃知りました。ただ、実際は別の説も存在するらしい。それが節分翌日の「立春」です。

 

ちょっと、小難しい話ですが・・・

春分は、太陽が牡羊座に入る瞬間

立春は、太陽が水瓶座15度に入る瞬間です。

 

どちらも星を読む上でインパクトのある「瞬間」です。

両説もっともで、納得出来るもの。

でも1ヶ月以上ズレるのはどうも混乱してしまうものです。

 

これは星読みされる方の解釈次第かもしれません。

正直なところ、1枚のホロスコープを複数人でリーディングしていても

全く同じにはならないもの。どこに注目するのか、どう解釈するのか、言葉の選び方で個性が出てくるものです。だから、個人鑑定においては、占術者と波長が合う事が一番大事。波長がしっくりこない占術者の解釈や言葉は、当然シックリこないものです。

 

話を元に戻します(^^)

以下は私の個人的な考えですので悪しからず。

 

私自身が採用しているのは、春分が宇宙元旦説」です。

それは、春分夏至秋分冬至という四季図を重視してリーディングするから。何より12星座始めの牡羊座に、太陽が入る瞬間というが決め手です。

 

ただ・・・立春というタイミングもとても重要な意味を持ちます。

水瓶座15度ということは、対面する獅子座のエネルギーが大量に流入する状

態ということ。

 

つまり、水瓶座のポジションを取りながらも、

獅子座エッセンス「自分の意志、人生の創造、本当の自分を表現」をシャワーのように浴びていく。

 

水瓶座の冷静さに、獅子座の熱さが加えられる。

つまり、「意識の大変革」のタイミングといえるのです。

 

それを踏まえた個人的な結論は・・・

宇宙元旦は春分

立春では「意識の切り替え」が起こるタイミング。

立春で「意識の焦点に向けたベクトルを定め」、春分で「実際走り出す」。

宇宙元旦は二段構えの様相と考えています。



今日は節分。明日は立春です。

立春が「意識の元旦」ならば、今日は大晦日です。

 

「鬼は外、福はうち」が、内的世界(意識)がテーマの季節行事ならば、

節分→立春が続くのも納得できます。

 

この2日間、「自分はこの1年どう在りたいのか」「どんな自分を表現するのか」本当の自分の声を聞き取る最適なタイミングだと思うのです。





今日も読んで下さってありがとうございます。ご参考までに。