星読み・数読み・ジブン読み

晏藤滉子(アンドウ ヒロコ)です。心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

「ジャガイモのフライ」の思い出

今週のお題「いも」

      

         f:id:yasura7165:20201024200157j:plain

 

 

こんにちは、晏藤滉子です。

今日は久しぶりに今週のお題「いも」について。

 

ちょっと雰囲気を変えていってみましょう(^^)/



**********

 

私は食いしん坊だ。

というか、食に対して執着するタイプ。

 

元々、嫌いなものはないけれど

好きなものはトコトン追求する。

作る方も、食べる方も・・・それはグルメという訳ではなく

その時の季節のモノや、マイブームであったりする。

 

だから美食家では決してない。

都合のよい解釈をすれば、自分の味覚に忠実なだけ。

 

それは、子供の頃から変わらない。

 

高校生の時、はまったモノがあった。

それは「ジャガイモのフライ」。

 

茹でたジャガイモにフライ衣をつけて揚げたもの。

今でいうフライドポテトではない。

文字そのまんま「ジャガイモのフライ」。

 

当時、母が作ったものを絶賛したのだろう。

我が家は、父がとても気難しい人で外食とかはあり得なかった。

だから、母の手料理が私の味覚の全て。

 

「ジャガイモのフライ」に私は夢中になった。

 

高校生の当時は「お弁当生活」。

ありがたいことに母がお弁当を作ってくれていた。

 

私は感謝しているが、母だって面倒くさい時もあっただろう。

それは大人になって分かること。今ほど冷凍食品は充実していない時代のことだから尚更だ。

 

だからこそ、「ジャガイモのフライ」は、

母にとっての救世主だったかもしれない。

母は毎日のお弁当に「ジャガイモのフライ」をおかずの一品として入れるようになった。

 

毎日、「ジャガイモのフライ」(爆)

 

普通だったらウンザリするだろう。想像するだけで胸やけするかもしれない。

でも、高校生の私は嬉しかった。

 

だって大好きな「ジャガイモのフライ」。至福のお弁当タイムだ。

 

お弁当は友人と2、3人で食べていたが、不思議と気づかれることはない。

フライにしてしまえば、中身の素材は「正体不明」だから(^^)/

 

それが、2年近く続いただろうか・・・良く飽きずに、母は作り、私は食べたものだ。

 

*****

 

最近、ふと思い立ち久しぶりに「ジャガイモのフライ」を作ってみた。

 

高校生の時と違って、大人の特権「キンキンに冷えたビール」も一緒♪ 

 

揚げたての「ジャガイモのフライ」に塩をパラパラ・・・

あんなに食べ続けたのに・・・美味しさの感動は新鮮なまま。

 

行儀は悪いが、キッチンでつまみ食い。

 

「あの頃と一緒・・・」

 

でも、決定的な違いが一つだけあった。

それは、「美味しいけど、ダイエットの大敵だな」と自戒したこと。

 

糖質・油・ビールのトリプルキラー。

 

こんなことを考えるなんて・・・・私も年齢を重ねた証拠だなと感じた。



 

 

今日も読んで下さってありがとうございます! それではまた♪