星読み・数読み・ジブン読み

晏藤滉子(アンドウ ヒロコ)です。心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

占星術あれこれ

心が折れそうな時の脱出ルート~星読み編~   その壱

こんにちは、晏藤滉子です。 今月は特徴的な星の配置が続いていますので 星読み的メンタルの整え方をシェアしていきますね(^-^) 早速ですが、 6月に入ったころから、結構ヘビーな状態の方多いのではないでしょうか。 仕事、人間関係など想定外の事が起こった…

水星を鍛えあげるということ

こんにちは、晏藤滉子です。 今日は、水星を鍛える大切さをシェアいたしましょう(^^♪ 水星は占星術を知っていらっしゃる方からしたら ちょっと地味な存在かもしれませんね。 水星は個人性を表す星ですが、 月(感情)・太陽(願望)・火星(やる気)・金星(…

星の影響からみた傾向と対策

こんにちは、妟藤滉子です。 今回は yasura7165.hatenablog.com の続き。 人生のネックポイントになる星は人それぞれ違います。 ホロスコープを読み解くことでも分かるのですが やはりご本人に 「こういうことはありませんか?」 検証を一緒にしていくのが一…

星は考えるな感じろ!

こんにちは、晏藤滉子です。 西洋占星術では ホロスコープを読み解くことから始まりそれに終わる。 それに尽きるところがあります。 以前と比べ、ホロスコープ読める人 だいぶ多くなったような気がします。 一方、ホロスコープが「とっつきにくいな」と感じ…

星読み的耕運期のとらえ方

こんにちは 晏藤滉子です。 よく占星術の年末特集などで 「来年のラッキーイヤーは○○座!」 特定の星座がクローズアップされていますよね。 どんな占術であっても、 特定の“ラッキー枠”というものはあります。 反対に“アンラッキー枠”もあります。 大殺界と…

心理占星術的に相性の良し悪しを考えてみる。

占星術や数秘術を使って個人セッションをしているとよく出るキーワードが 人間関係(相性)です。家族問題や恋愛問題では、登場回数多いです。 占術者の考え方によって伝え方は大きく違うテーマなのですが、私は 相性の良し悪し=当人の考え方次第 と先ずは…

意識の縮小と拡大、その2

前回の続きです。 心や身体が不安定な時、月を癒すことはとても効果的。 自分の月星座の特徴を知っておくことは大切だと感じます。 ただ、「現状維持」が居心地が良いからと言っていると意識が段々と縮小していくものです。個人の成長や進化の流れをせき止め…

意識の縮小と拡大、その1

昨日は友人とランチ。 近況報告やら巷の話題やら、お喋りに花を咲かせておりました(^^ゞ 星の流れが表すように、お互いの周囲を含め転換期を迎えている方の多いこと。星の動きから個人や全体の流れを「検証」することはなかなか興味深いことです。 友人知人…

安心安全な場と土星のはなし

最近「安心安全」というキーワードが頭をグルグルしていました。 もう10年以上前のこと、心理学の学びに入った頃に 師匠から言われ続けた「安心安全」。 つまり、曲がりなりにも「人のコア」な部分に関わる立場にあるならば 参加者(クライアント)に「安心…

ハードアスペクトの2大巨頭・スクエア編

昨日のオポジションに続き、今日はスクエアについて。 スクエアはふたつの天体が90度の角度にあり、なじまない質(エレメント)の間で結びつくアスペクトです。 180度のオポジションは、その気になれば、補って統合できるパターンでした。 90度のスク…

ハードアスペクトの2大巨頭・オポジション編

ハードアスペクトの2大巨頭といえば、 180度真正面に天体が向かい合うオポジションと 二つの天体が90度の角度をもつスクエア。 この他にもあるけれど、メインはこの2種類。この二つを組み合わせたりする複合アスペクトもありますが、基本の捉え方、考…

ハードアスペクトと上手くお付き合いするには。

入門書ではすっかり初心者をビビらせるハードアスペクト。 神社の「おみくじ」でも正直(内心)一喜一憂してしまいがちなのに、 それが自分のホロスコープに大量発生されていたらキツイですよね。 色んな入門書を読んでみましたが、先生方の解釈の方向性は共…

ハードアスペクトとの付き合い方「出会い編」

占星術を学び始めた時、最初に自分のホロスコープ出してみました。 今はネットで簡単に出世図が起こせる便利な時代。 入門書を片手に読んでみるわけですが、いかんせん「解釈の深い意味」が悲しいほどわからない。だから、アスペクトなど当てはまるところを…