星読み・数読み・ジブン読み

晏藤滉子(アンドウ ヒロコ)です。心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

私の朝を変えたサイナス・リンス

今週のお題「買ってよかった2022」

 

こんにちは、晏藤滉子です。

本日で連続投稿1301回目のブログとなりました(^^♪

 

今回は今週のお題より「買ってよかった2022」

先ず真っ先に思い浮かぶのは「サイナス・リンス」、鼻うがいのキットです。

 

 

今年「鼻うがい」を習慣化したのは人生において大きな収穫でした。鼻腔を綺麗にする目的だけではなくあさイチに行えば頭は冴え、フットワークも軽くなる。朝の気怠さで3レベルの行動力が7レベルにまではね上がるような・・・私の朝を一変させるような「鼻うがい」との出会いでした。「鼻うがい」について語ると熱くなるので悪しからずです('◇')ゞ

 

***

 

鼻うがいって、ハードル高いと思っている人も多いと思います。

私も「絶対無理!」と思っていましたから・・・。

でもね、塩水の濃度や温度などちゃんと手順を守れば決して不快ではないし痛くもない。私はそのハードルを下げるために市販の鼻洗浄キット「ハナノア」から始めました。そして大丈夫!と自信を持ってからは急須のようなネティ・ポットなども試してみることに。

 

「サイナス・リンス」に出会ったのもその頃でしょうか。

米国の医師考案の「鼻うがい用のボトル」です。サイナス・リンスのメリットは‟洗っている感”が体感出来ること。240ccの湯に付属の洗浄パウダーを溶かすのみという簡単さも魅力です。大量のお湯で一気に上咽頭を洗い流す感覚がとにかく気持ちいい!の一言に尽きます。

 

私は旅先では付属の分包パウダーを使っていますが、普段は極楽塩という浄化力の強い塩を鼻うがいに使用しています。人肌のお湯240ccに対して塩小さじ1/2、この組み合わせが私にとっては最強です。

 

波動法製造 極楽塩 500g

波動法製造 極楽塩 500g

  • ハドウホウセイゾウ
Amazon

 

基本は起床時ですが、それに加えサウナ前の洗体の時にも。サウナ室での呼吸がとても深く通り、感覚は冴えているけれど意識はリラックス・・・サウナトランスにも入りやすいと感じています。

 

また、「お水取り」のように良質な湧き水が手に入ったらそれを沸かし鼻うがいに使うのも良いと思います。鼻の奥というのは人体の中でも神秘的な部分、そこをお清めすることは心身全てに通じることだと思うのです。

 

やはり「鼻うがい」を語ると熱くなりすぎますね(^^♪

とは言え、今年習慣化した中で「鼻うがい」はNO1です(^^)/

 

今日も読んで下さってありがとうございます。 それではまた♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと苦手な人が登場した時の処方箋

     

 

こんにちは、晏藤滉子です(^^♪

本日で連続投稿1300回目のブログとなりました。

 

いよいよ12月、2022年もラストスパートですね。

あれこれ楽しい計画を立て楽しむのも良いものですが、

慌ただしく事が流れる時期こそ「ひとり時間」を大切に。

 

今日は個人的な呟きですので悪しからです。

 

最近思うのですが・・・

相手に問題があるわけでもないし実害もないのに‟どうにも苦手な人”っていませんか?

何故そのような感情を抱くのかは全く不明。自分でもよく分かりません。恐らく雰囲気というか言葉の選び方とか微々たることなのでしょう。でもね正直モヤモヤしてしまう。「私って小さい人間↓↓↓」と自分責めするのも、返って問題を大きくするものです。

 

そこで考えたのは・・・その人物を妖精にしてしまうことでした。いたずら好きでフワフワ飛んでいるあの妖精。ちょっとやさぐれた妖精だってOKです。その人物と妖精が余りにもギャップあるならば・・・座敷童子ねずみ男などの妖怪系もお勧めです。肝心なのは人間に近いけれど人間ではないということです。

 

同じ人間同士ならば見なくてもよい所まで見てしまう。「私だったら」なんて説教っぽい想いも湧き上がってくるものです。相手が妖怪や妖精ならば・・・何となく「仕方ないな、だって妖怪だもん」で済ませてしまう。 姑息な方法ではあるのですが、結構じんわりと効いてくる方法です。

 

ある意味イメージワークのようなものですね。

学生の頃、先生に絶妙なニックネームを付けてイジるような感覚かもしれません。

 

妖精がまたサボってお喋りしてる(怒)

まったく、何処までもねずみ男なんだから(嫌)

 

ただ、心の中の呼び方は決して外に漏らさぬように。

あくまでも脳内遊びですのでやり過ぎは禁物ですが、副作用はさほど無い筈です。

 

気に障っていた事が、どーでも良くなっってきたならば‟こっちのもん”

敢えて深刻に考える必要はありませんよね(^^♪

 

今日も読んで下さってありがとうございます。  それではまたー☆