星読み・数読み・ジブン読み

心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

宇宙は想定外の企画をもってくる。

最近(春になったせいか)カラダを動かしたくなってきました。

 

最近スポーツらしいこと全くしてないな・・・と思いつつ

ふと、過去の「カラダを鍛えることに燃えていた」時期のことを思い出しました。

 

 

7年ほど前のこと、

自分でも不思議ですが「カラダを鍛えること」にはまりました。

 

以前スポーツしていた訳でなく、

はっきりいって「真の運動音痴」(涙)

小さい頃から外で遊ぶなんて拷問でしかなくインドア派。

走った記憶なんて体育の授業くらいの私。

 

その私が、

いきなり走りたくなった。

歩くんじゃない、走ってみたい!

から始まって、ベンチプレスなどウェイトトレーニング三昧。

月200キロ近く走り、プロテインを常飲し

「何者かに憑かれたように」鍛えていました。

 

 

3年程続いたかな。

始めたきっかけも不明で、止める時も強制修了に近い不思議な時期でした。

 

あの不思議な時期のホロスコープを観てみたくなり検証してみると。

 

 

その時の空の土星が私の「お金、経済、個人的所有」の場所に入っている時期とピッタリ合っていました。

 

もしも過去に戻り、自身の未来予想をしたならば、

経済的土台を作る時期、もしくはそれを得るための自己メンテナンス時期の方向性でリーディングしたかもしれません。

 

 

けれど、宇宙からのシナリオは想定外のものでした。

 

自分の所有するもの=自分のからだ・資質を土星によって鍛えあげるというテーマで企画を打ち出してきたようです。

「自分の持ち物としての身体をきたえる、メンテナンスする」が企画の主旨。

 

 

この10年程の過去を検証してみても

土星からは2年半程のスパンで違うテーマが提示され、それを黙々とこなしてきたジブンの流れ。

 

わたしの場合、そのテーマは当時予測・覚悟していたテーマではなく100%想定外でした。

 

 

そうすると運命は決まっているの?という話になりますが、

 

私としては宿命は決まっていても運命は自分次第と考えています。

 

この土星からのテーマにしても、

宿題を提示するのは宇宙から。

それとどう取り組むのかは自分次第。

近道をしてがっつり取り組むのも良し、遠回りしてみるのも良し。

 

あの頃、周りが呆れるほど走っていた時期

潜在意識の内では

「自分の身体資質と向き合う事」にスポットライトが当たっていたようです。

その時期が私にとって必要なことだったのでしょう。

 

星の事を知っても知らなくても、

宇宙からのギフトは贈られてしっかり受け取っていたんですね!(^^)!