星読み・数読み・ジブン読み

心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

舵をとるのはジブンということ。

ぐたぐたと最近考えていました。

「私の専門ってなんだろうって??」

 

数秘で「7」を持つ私は、とにかく探求大好き

ハッと我に返るまで深掘りしていきます。

 

アーユルヴェーダ、ヘナセラピー、ボディワーク、心理学、数秘術占星術は集中的に学んだし、スピリチュアル・ボイストレーニングは頭でっかちな「セミナー脳」になってた私にとって新鮮な学び。その他にもイロイロと出没し探求に励んでいました。 結局「心と身体のカラクリ」を知りたいんですよね。そこはブレない。

 

でも、具体的に自分でどう仕事に生かすの?

私に特化したモノってあるの?と脳内グルグルが始まりました。

6月くらいからかな?(結構しつこい)

 

で、見つけた答えは・・・

「結果はおのずとついてくる」ってこと。

顕在意識の作った「成果」にこだわり枠をつくらないこと。

細かい目標をたて適度なご褒美(コレ大事)を自分に与えつつも、

大きな具体的な目標はあえてみない。

 

そんなこんなで、また足元をみて歩きはじめていたら。

 

「パッカーン!」と閃いた!(^^)!

 

自分のオリジナルの方向性が!

 

その閃きは、とっても「シックリ」していて、考えると「ときめく」こと。

 

きっと、この感覚は人に指導されたり、恐れからの選択をしたり、損得を考えてでは得られない感覚だろうな。

 

「シックリさん」と「ときめきさん」のナビで舵取りは「自分」。

 

星も数もいろんなことを提示してくれるけれど、

その中から決める主導権は誰にも渡しちゃいけないんだなと再確認のつぶやきでした(^.^)