星読み・数読み・ジブン読み

心理学をベースに、西洋占星術と潜在数秘術で「意識の錬金術」を

占星術あれこれ

意識の縮小と拡大、その2

前回の続きです。 心や身体が不安定な時、月を癒すことはとても効果的。 自分の月星座の特徴を知っておくことは大切だと感じます。 ただ、「現状維持」が居心地が良いからと言っていると意識が段々と縮小していくものです。個人の成長や進化の流れをせき止め…

意識の縮小と拡大、その1

昨日は友人とランチ。 近況報告やら巷の話題やら、お喋りに花を咲かせておりました(^^ゞ 星の流れが表すように、お互いの周囲を含め転換期を迎えている方の多いこと。星の動きから個人や全体の流れを「検証」することはなかなか興味深いことです。 友人知人…

安心安全な場と土星のはなし

最近「安心安全」というキーワードが頭をグルグルしていました。 もう10年以上前のこと、心理学の学びに入った頃に 師匠から言われ続けた「安心安全」。 つまり、曲がりなりにも「人のコア」な部分に関わる立場にあるならば 参加者(クライアント)に「安心…

ハードアスペクトの2大巨頭・スクエア編

昨日のオポジションに続き、今日はスクエアについて。 スクエアはふたつの天体が90度の角度にあり、なじまない質(エレメント)の間で結びつくアスペクトです。 180度のオポジションは、その気になれば、補って統合できるパターンでした。 90度のスク…

ハードアスペクトの2大巨頭・オポジション編

ハードアスペクトの2大巨頭といえば、 180度真正面に天体が向かい合うオポジションと 二つの天体が90度の角度をもつスクエア。 この他にもあるけれど、メインはこの2種類。この二つを組み合わせたりする複合アスペクトもありますが、基本の捉え方、考…

ハードアスペクトと上手くお付き合いするには。

入門書ではすっかり初心者をビビらせるハードアスペクト。 神社の「おみくじ」でも正直(内心)一喜一憂してしまいがちなのに、 それが自分のホロスコープに大量発生されていたらキツイですよね。 色んな入門書を読んでみましたが、先生方の解釈の方向性は共…

ハードアスペクトとの付き合い方「出会い編」

占星術を学び始めた時、最初に自分のホロスコープ出してみました。 今はネットで簡単に出世図が起こせる便利な時代。 入門書を片手に読んでみるわけですが、いかんせん「解釈の深い意味」が悲しいほどわからない。だから、アスペクトなど当てはまるところを…